オリゴ糖

人の身体の中には、腸内ビフィズス菌などの善玉菌が存在しています。

 

年とともに年々腸内の善玉菌は減っていき、偏った肉食や食物繊維不足などの

 

乱れた食生活、ストレスなどの生活習慣の影響で、悪玉菌が増えてしまいます。

 
そこで、善玉菌のもととなるヨーグルトや乳製品を摂取する必要があるのですが、

 

せっかく摂っても多くは胃を通過する際に胃酸によってその善玉菌は死滅してし

 

まいます。腸内まで届くことで優れた働きが期待できますが、やっと腸内に届いた

 

としても、虚弱でその優れた働きが出来ないものもあります。このような善玉菌は

 

絶えず腸内に補給してあげるだけではなく、活発に働けるように栄養も補給してあ

 

げる必要があります。

 
そこで、食物繊維などの善玉菌のエサである栄養が大事になりますが、

 

その食物繊維と同等またはそれ以上の働きをすると言われるのが、オリゴ糖です。

 

食物繊維と同じく、善玉菌のエサになり、一般の糖にくらべて体内で分解されにく

 

い性質がある為、効率よく腸内に届き、そしてカロリー控えめで摂りすぎによる心

 

配もほとんどありません。大豆、たまねぎ、ごぼう、ねぎ、にんにく、バナナなどの

 

食品にも多く含まれていますので、これらの食材を食事に取り入れるか、特定保

 

健用食品などとして、市販されていますので、効率的に摂取するにはこれらを利

 

用するのも一つの方法です。