腸内細菌のバランス作用をもたらす微生物

プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを改善することにより人体に有益な作

 

用をもたらす微生物のことで、またこの微生物を生きたまま含む食品も同じように

 

呼ばれることがあります。たとえば、ヨーグルトや納豆などの発酵食品や健康食品

 

などです。

 
これらは、腸内での有害物質を軽減し、便秘や下痢を予防し腸を整え、食中毒の

 

予防、免疫力を高めるなどとされています。

 

 

この体に良いとされる微生物は善玉菌ともいわれます。

 

 

生きた善玉菌を食べて摂取することで、腸内の細菌のバランスが改善されるとさ

 

れていますが、実際は口から食道や胃を通って消化される過程で胃酸や腸液に

 

よって多くが死んでしまい、生きて腸まで届く菌は少ないとも言われています。

 
とはいえ、菌の種類によっては熱や酸に強く、腸まで届く菌もあるので、たくさんの

 

種類の菌の中から自分に合ったものを選ぶのもよいでしょう。

 
また、善玉菌は死んだ状態で腸に届いた場合でも、免疫活性化の効果があるとい

 

う研究結果もありますので、やはり善玉菌を含む食品は積極的に摂りたいもので

 

す。

 

 

また、善玉菌は一般的には腸内に定着することは難しく、新陳代謝や排泄によっ

 

て腸内の細菌環境は常に更新されています。善玉菌を含む食品は日常的に摂る

 

ように習慣づけるのが腸内環境を整えるためには大切です。