腸内細菌のバランスを改善

発酵食品を大きく分けると動物由来のものと植物由来のものに分けることができま

 

す。動物由来のものはヨーグルトやチーズ、あるいはくさやなどです。

 

それに対し後者のものはぬか漬け、キムチ、ザーサイ、醤油、味噌、みりんなどで

 

す。どちらの食品も腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やして、大腸菌などの悪

 

玉菌の働きを抑え、腸内細菌のバランスを改善させ、腸の機能をたかめたり消化

 

吸収を促進し、お腹の調子を良くします。日本人は特に植物由来のものを比較的

 

古くから生活の一部に取り入れている民族で、体質的にも動物由来のものより合

 

う人が多いとされています。また、欧米人の腸より日本人の腸は長いとされてお

 

り、これらの食品に含まれる微生物は腸内生存率が動物性より高いので、腸内で

 

最大限の働きを期待できると言えます。上記の食品を摂取して、腸内の善玉菌を

 

増やすことで、免疫を低下させ、ウイルスを侵入しやすくしたり病気になりやすくさ

 

せる悪玉菌を無害化してくれるので、病気のリスクが減り、腸内バランスを整えてく

 

れます。また、加齢とともに善玉菌は減少するものなので、食品を摂取して善玉菌

 

を雄星な状態に保つように普段から心がけることが大事です。